カジノをオンライン上で楽しむことができるのがオンラインカジノ比較サイト。おすすめのオンラインカジノのサイトを比較紹介

オンラインカジノ

オンラインカジノとは、インターネットで遊ぶカジノのことです。日本国内ではカジノは禁じられていますが、オンラインカジノは認められてる国で運営されていますし、カジノを利用する側も刑法賭博罪には国外の処罰が無い為、罰せられることはない(刑法第2条、刑法第3条参照)ので、日本にいながらカジノが楽しめるのです。

オンラインカジノには無料で遊べるプレーと、実際にお金をかけるプレーの2種類があります。

無料プレーの場合は、いわゆるゲームですね。オンラインカジノというか、カジノゲームを楽しむオンラインゲームのような感じでしょうか?

株の取引にも架空の取引があるようにカジノもとりあえず無料でどんなのかを確かめる仕組みがあるのです。

でも、オンラインカジノというからには実際にお金をかける有料プレーがメインになります。

実際にお金を賭けるので、そのオンラインカジノが不正をしないのかが気になるところですね。

このサイトでは安心して楽しめるオンラインカジノを紹介していますので、ご参考にしてください。

オンラインカジノの安全性

オンラインカジノが流行っているとはいっても、興味よりも不安の方が大きく、なかなか一歩踏み出すことができない…という方も少なくありません。その理由は、カジノであること。そしてオンラインカジノを運営している運営会社が海外にあるという点ではないでしょうか。

まず、「日本でプレイしても良いのか?」「摘発されることはないのか?」という点ですが、これは先ほどから挙げているように、現在、日本からオンラインカジノにアクセスし、プレイすることは可能となっています。確かに、日本はカジノを設立することを禁止していますが、公的カジノのある国のオンラインカジノの利用は認められています。いえ、正しく言うと、合法か違法かの結論が出ていない…というのが現状ですね。

インターネット上での法律は、まだまだ整備されていない状態なので、オンラインカジノに関する法律もまだ作られていないのです。それはつまり、取り締まるための法律も存在しないということであるため、心配なく遊ぶことができる…という、ちょっと中途半端な状態なんですね。

稀に、日本で、オンラインカジノに関する逮捕者が出たというニュースが流れることがありますが、これは、オンラインカジノをプレイしたからではなく、日本国内で、オンラインカジノを運営し、プレイヤーとのお金の取引があったため、賭博罪適用で逮捕されたということです。もちろん、今後、どういった展開になるかは判りません。

もしかしたら、オンラインカジノに対する法律が作られ、規制されたり、またはオンラインカジノをプレイすること自体が違法となってしまうことも、100%ないとは言いきれませんよね。ただ、現時点で、他国でオンラインカジノを違法としている国はありませんので、さすがに日本でオンラインカジノをプレイすることさえも禁止される…ということはないだろう、という見解が多いようです。

そして、次に不安なのが、詐欺です。オンラインカジノでは、実際に自分で現金を支払い(入金して)チップに交換してプレイします。そしてゲームに勝った場合は、そのチップを再び現金に交換する必要があります。ありそうな手口というのが(実際にそういった事件も起こってはいるのですが)、ゲームに勝ったにも関わらず、チップを現金に交換することができない…というものです。また、オンラインカジノによっては、勝率を操作することで、どれだけプレイしても、プレイヤーが勝てないようにしたり、サポートに応じなかったり、口座の残金を減らしたり…といったオンラインカジノも、残念ながら存在します。更には、プレイヤーvsプレイヤーのゲームの場合、プレイヤーが詐欺を働く場合もあります。わざと、ターゲットとしたプレイヤーに勝たせないように、数人~数十人のグループを組んで、詐欺を働くんですね。これらについても、登録する前に、まずは調べることが大切です。インターネットで検索すると、様々なオンラインカジノの情報が出てきますから、自分自身でしっかり調べ、評判なども必ずチェックして下さい。

特定の国が発行したライセンスは意味がないと考える方もいらっしゃいますが、確かに以前は、1年間のライセンス料を支払えば、審査もなく誰でもライセンスを取得できる状況ではありましたし、実際にそういった方法でライセンスを取得したオンラインカジノも存在しました。中南米のオンラインカジノでは、そういった方法でライセンスを取得したところも多かったようです。

しかし最近は、ジブラルタル・英領マン島・アルダーニー・カナダ・オーストラリアなど、信頼できる政府が、然るべき過程を経てライセンスを発行しているところが多いので、こういった国でライセンスを受けているオンラインカジノであれば安心です。

また、使用するソフトウェアですが、現在、100を超えるソフトウェアが各国のオンラインカジノで使用されています。

そのなかには、信頼性や公正さのないソフトウェアも存在しており、Handa Lopez・MGM Software・GSS(Gaming Software Systems)・FutureBetなどは、問題があると言われています。RTG (Real Time Gaming)というソフトウェアを使用していたオンラインカジノのなかには、以前、悪質なオンラインカジノが多かったのですが、ここ最近は、そういった悪質なオンラインカジノは閉鎖していますので、以前よりかは問題は多少少なくなっているようです(とはいえ、それでも問題のあるオンラインカジノは多く存在しているのですが)

こういった信頼できないソフトウェアを使用しているオンラインカジノは避けなければなりませんので、必ず、オンラインカジノのトップページなどに掲載されているソフトウェアの種類を確認して下さい。なお、現在、信頼できるとして高い評価を受けているソフトウェアは、マイクロゲーミング・クリプトロジック・プレイテック・ボスメディアです。これらは、不正な操作などが行われないよう、Random Number Generator(乱数発生プログラム)を使用してプロテクトされており、カード・スロットの出方なども、確率的・統計的に見ても問題ないと評価されています。

そして、第三者機関から認証を受けている、また会計会社から監査を受けているオンラインカジノであるかどうかを確認することも必要ですよね。

オンラインカジノを認証するための機関というのは、実は多種多様にあるのですが、しかし、きちんと認証を受けていないオンラインカジノが、勝手に第三者機関をでっちあげ、トップページなどにマークを掲載しているところも存在します。

当然のことながら、そういった偽の認証マークは意味がありません。

それに伴い、2003年以降は、その第三者機関による認証マークは、オンラインカジノが信頼できるかどうか…の判断材料にはならなくなってしまっています。ただ、そんななかでも、唯一例外として信頼できるのが、eCOGRAです。eCOGRA(イーコグラ)は、2003年前半にイギリスで設立されたNPOと、ヒルトングループの元CEO、イギリス政府のギャンブル監視委員会のOBが役員を務めている第三者機関です。

オンラインゲームで安心して楽しめるための環境作りを目的に、2003年に設立されたNPOであり、国境を越えたオンラインカジノの規制機関がないなか、世界的な監査機関のPricewaterhouseCoopersの強力の下、オンラインカジノの業界を横断するような基準作りを目指しています。

そんなeCOGRAの認証マークですから、非常に信頼することができ、世界中に存在している多くのオンラインカジノが、eCOGRAの監査を受けています。eCOGRAの認証マークが掲載されているオンラインカジノは、まず安心してプレイできると言っても過言ではありません。

また、eCOGRAは、プレイヤーとオンラインカジノの運営会社との間では解決することができないようなトラブルが発生した場合、両者の間に入って仲介も行っています。その場合、だいたい48時間以内にトラブルは解決されているそうですよ。ですから、eCOGRAのサイトで認証マークを確認し、この認証マークを掲載しているオンラインカジノを利用すれば、まず問題ないと思います。

ネトゲランキング

MMORPG・RPGなど無料オンラインゲームの最新人気ランキングや、新作オンラインゲームのテスト情報(OBT、CBT)やアップデート情報などを紹介。

続きはこちら